中古マンションをリノベーションしておしゃれな住まいに!注意点やメリットをご紹介

中古マンションをリノベーションしておしゃれな住まいに!注意点やメリットをご紹介

「家族が増えたからマンションを買いたいけど、新築は高いから中古を買おうかな」

「中古マンションを好きな間取りにリノベーションしたい」

最近ではこのような考えをもとに、中古マンションを購入する人が増えてきています。

中古マンションはリノベーションを行うことで、住みやすくおしゃれな住まいを実現できます。しかし、耐震性など気になる点が多いのも中古物件の特徴です。

こちらの記事では、中古マンションをリノベーションすることの魅力デメリットマンションならではの注意点などをご紹介します。

どの程度までリノベーション可能なのかをきちんと知り、理想の住まいを手に入れましょう。



マンションリノベーションの魅力

費用を抑えて物件を購入できる

中古マンションをリノベーションするメリットとしてまず挙げられるのは、物件価格が新築よりも安いという点です。

同じような条件下において、一般的に新築マンションよりも中古マンションの方が価格は低い傾向があります。もちろんマンションを購入する費用に加えてリノベーション費用もかかるため、全体的な費用が必ずしも新築物件より安くなるとは限りません

しかし、自由にデザインし直すことが可能なリノベーションを行うことで、新築マンションの購入よりも満足感を得られる場合があります。


費用を抑えて物件を購入できる

立地の選択肢が豊富

都内や都心部にアクセスの良いエリア小学校などの教育機関に近い場所などは、土地代が高く、限られた予算内で新築物件で探すのは困難を極めるでしょう。

しかし、中古マンションも視野に入れると、希望する立地条件の物件を予算内で購入できる可能性が高くなります。

中古マンションと言えど、リノベーションを行うことで室内をまるで新築同様にすることができるので、立地と費用も含めた満足度が高くなるでしょう。

立地の選択肢が豊富

リノベーションで理想のおしゃれな住まいを手に入れよう

リノベーションは、壁紙や床の張り替えなどの表面的なリフォームだけでなく自由な間取り変更、高機能な設備に変更することで住まい全体の快適性、機能性を高めることを意味します。

建物内の設備を部分的に改修して機能回復を図るリフォームとは異なり、リノベーションでは住まい全体をデザインし直すことが出来ます

理想の住宅プランを練りリノベーションを行うことで、より良い暮らしを得ることに繋げられるのです。

リノベーションで理想のおしゃれな住まいを手に入れよう

マンションは基本的に間取りや内装、設備などがあらかじめ決められていますスタンダードな仕様で設計されたものに不満を覚える方もいるでしょう。

その様な場合は、購入した中古マンションを自分好み、ライフスタイルに合った移住空間にリノベーションすることをおすすめします。

ヴィンテージ感を残した内装から最近流行のモダンなデザインなど、自由にお洒落な部屋作りを楽しめます。

結婚や出産・こどもの独り立ちなどのライフイベントに合わせてリノベーションを行うことで、それぞれの段階で最も住みやすい住まいづくりが可能です。


マンションリノベーションの注意点

老朽化や耐震性に注意

中古マンションの購入にあたりよくデメリットとして考えられるのが、建物の老朽化や耐震性です。

マンションは木造ではなく鉄筋コンクリート造が多いので、一般の住宅とは異なり元々の耐用年数が高く老朽化しにくいという特長があります。

管理や手入れの行き届いているマンションであれば、100年以上住むことが可能であるとも言われています。

しかし、マンションの耐震性については注意が必要です。

購入しようとしている中古マンションの築年数が、築40年未満であれば、1981年に改正された建築基準法の新しい耐震基準が適応されており、震度6~7程度まで耐えられる造りとなっています。

築40年以上であった場合は、耐震補強などがされているケースもあるので、耐震基準適合証明の有無を確認しましょう。

この証明がある物件であれば、改正後の耐震基準と同等の耐震性があると認められたものとなります。

老朽化や耐震性に注意

売却はできる?

中古マンションを購入しリノベーションをしたとしても、いつか手放す日が来るかもしれません。その際に不安になってくるのが、築年数の経過したマンションが売却できるかです。

現代日本では、マンション・戸建てともに築年数の経過した物件の価値は土地に依存します。

つまり、駅や人気のエリアに近い良い立地条件であれば、築年数がデメリットにならず、中古マンションでも売れやすい傾向にあるのです。

将来売却することを踏まえて、購入時の予算を決定するのも良いでしょう。

売却はできる?


中古マンションは、他人が住んでいた部屋に入居することになります。

誰かが住んでいたということが気になる方でも、リノベーションを通して内装や設備を一新することで、疑似的に自分が最初の住人となることができます。

中古マンションによくあるデメリットや気になる点を並べてみても、比較的安い価格で立地の良い物件を購入することができるメリットの方が大きく、中古マンション物件のリノベーションがおすすめとなります。


間取りや設備、どこまで変更できる?

専有部分か共有部分かに注意

一戸建てと異なり、マンションではリノベーションを行える箇所に制約があります。

基本的にマンションでリノベーション可能なのは、自身の居住スペースである専有部分です。外壁やベランダといった共用部分は、リノベーションができません

物件によっては、専有部分のリノベーションでも制約があるため、リノベーション予定の物件管理会社へ確認が必要です。

専有部分か共有部分かに注意

リノベーションができない箇所

窓・玄関扉・バルコニーなどの居住空間より外側に接する部分は、マンション全体のものであり共有部分と呼ばれます。

共有部分はリノベーションが出来ません。

古いマンションで窓の断熱改修工事を行いたい場合は、窓サッシの交換工事が出来ないため、内窓を取り付けるなどの対応となります。

外観に表れない部分や一般的に可能とされている工事内容でも、マンションの管理会社によっては断られる場合があります。

窓や玄関・バルコニーなどの共有部分のリフォーム・リノベーションは、管理規約に則り進められ、大規模改修工事となるケースが多いです。

リノベーションができない箇所

水まわりにも注意が必要

マンションの水まわりは、配管位置の関係で希望の間取りにリノベーションできないことがあります。

マンションには、1階から最上階まで給排水管などが通っている、パイプスペース(パイプシャフト)があります。基本的な間取りでは、このパイプスペースの周りに水まわりが配置されます。

リノベーションで、このパイプスペースから離れた場所に水まわりを配置したい場合は、水が流れるように勾配を確保する必要があるため、床に段差ができることがあります。

パイプスペースから1m離れるごとに10mm下がるといったように、離れた位置に配置すればするほど必要な段差は大きくなるので、高齢のご家族がいる家庭は注意が必要です。

また、水まわりのなかでも特にキッチンは、排気口の位置の確認も必要です。

排気口から離れた場所にキッチンを移動する場合、ダクトの配置に配慮が必要になることもあります。

マンションにおける浴室やトイレ、キッチンなどの水まわり設備は、リノベーション自体は可能ではあるものの、様々な制約や注意点があることに気を付けて計画しましょう。

水まわりのリノベーションにも注意が必要

マンションのリノベーション間取り変更

マンションの構造によっては、間取り変更が難しい場合があります。

マンションでは多くの場合、柱と梁で建物を支える構造となっています。しかし、リノベーション予定の物件が壁で建物を支える壁式構造の場合、室内の構造壁を取り払うことができません

構造壁を取り払えない場合、居室を広くする間取りの実現は難しくなります

また、最上階住戸では天井裏に断熱材が施工されていることが多く、コンクリートがむき出しの状態にする躯体現しを避けて、天井の張替えが出来ないケースもあります。

マンションのリノベーションで間取り変更は可能?




マンションでリノベーションを行うメリットや注意点をご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。

専有部分と共有部位の違いや間取り変更の制限など、マンション特有のポイントがあるので、マンションを購入後に後悔しないようにしましょう。

サイトホームのリノベーションでは、専門的な知識を持つ職人たちによりお客様の暮らしに合わせた住みやすい家づくりを提供いたします。

ぜひお気軽に、ご相談ください。